思春期・大人ニキビはこれで解決>>click

【徹底比較】ホロベルとバルクオム|購入する前にチェックすべき5つの要素

【徹底比較】ホロベルとバルクオム|購入する前にチェックすべき5つの要素

ホロベルとバルクオム、どちらを購入しようか悩んでいませんか?

いずれも口コミでは高評価が目立ち、利用者も多く人気なので悩む方も多いと思います。

乾燥肌の僕は悩んだ挙句、両方試してみる事にしました。結果、現在バルクオムを使用しています。

この記事では実際に使用した感想とそれぞれの特徴を元に、どんな肌質に合うか調べてみました。

価格についても調査したので参考にして下さい!

20年以上乾燥肌で悩み、数々のスキンケア製品を使ってきた私の見解は、こちらになりました。

  • ニキビができやすい敏感肌⇒ホロベル
  • テカリがあるオイリー肌・普通肌・乾燥肌⇒バルクオム

※化粧水に関してはホロベルがオールインワンに対し、バルクオムは化粧水、乳液と分かれておりタイプが異なります。

目次

【洗顔編】ホロベルVSバルクオム|5つの項目で徹底比較!

商品名 【ホロベル】エッセンシャル保湿ウォッシュ 【バルクオム】THE FACE WASH
泡立ち 3.5 4.5
洗浄力 3.5 4.5
保湿力 4.5 4
肌ケア 5 4
定期購入 4 5
内容量 120g 100g
単品価格(税込) 2,200円 2,200円

洗顔の比較項目

①:泡立ち
②:洗浄力
③:保湿力
④:肌ケア

ホロベルとバルクオムを比較対象に、上記4つの項目を選定しました。

自分の肌はどちらの洗顔に合っているか見ていきましょう。

比較 ①:泡立ち|素早く泡ができるのはバルクオム

使用感|泡がやわらかいのはバルクオム

商品名 【ホロベル】エッセンシャル保湿ウォッシュ 【バルクオム】THE FACE WASH
使用感 3.5 4.5

泡立てネットを使用して泡を作ってみました。

バルクオムの方が泡立ちが早く、泡のキメの細かさもバルクオムの方が繊細です。

ホロベルのねっとりクリーム状に対して、バルクオムはフワフワのマシュマロのような感じ。どちらもネットを使うと濃密泡ができます。

洗顔は泡立てることが最優先になるので、手のひらで上手く泡が作れない人は、泡立てネットを使いましょう!

僕が普段使っているバルクオムの泡立てネットの記事があるので、気になった方は参考にして下さい。

参考記事バルクオム 泡立てネットの口コミを徹底調査!使ってみた感想は?

比較②:洗浄力|しっかり落とすにはバルクオム

商品名 【ホロベル】エッセンシャル保湿ウォッシュ 【バルクオム】THE FACE WASH
洗浄力 3.5 4.5

どちらも洗浄力は中レベル。乾燥肌の私が使ってみたところ、洗顔後ホロベルはもっちりしているのに対し、バルクオムはさっぱり感があります。

さっぱり感があると、しっかり皮脂を落としてくれる感じがしますね。

すすぎに関してはどちらもしつこさはなく、シャワーをかけるだけでサーと洗い流せます。

比較③:保湿力|3大保湿成分配合のホロベルが優勢

商品名 【ホロベル】エッセンシャル保湿ウォッシュ 【バルクオム】THE FACE WASH
保湿力 4.5 4

保湿力はホロベルの圧勝!

ホロベルには3大保湿成分の「ヒアルロン酸・ヒト型セラミド・コラーゲン」と潤いをもたらす成分が配合されています。

バルクオムにはこれらは含まれていません。

ヨシマ
化粧品の成分一覧は、配合量の多い順に記載されているよ!

水、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、グリコシルトレハロース、BG、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、グリチルリチン酸2K、加水分解コラーゲン、加水分解卵殻膜、加水分解水添デンプン、アルギニン、パルミチン酸レチノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、プラセンタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ローヤルゼリーエキス、アロエベラ葉エキス、グリセリルグルコシド、サガラメエキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ペンチレングリコール、カルボマー、ダイズステロール、コレステロール、コーン油、ココイルグルタミン酸TEA、ポリソルベート60、ラウロイルラクチレートNa、テトラオレイン酸ソルベス-30、キサンタンガム、トコフェロール、水添レシチン、レシチン、フェノキシエタノール

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ油、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

比較④:肌ケア|敏感肌の方に人気なホロベル

商品名 【ホロベル】エッセンシャル保湿ウォッシュ 【バルクオム】THE FACE WASH
肌ケア 5 4

ホロベルにはグリチルリチン酸2Kという、ニキビの炎症を抑える働きをする成分が配合されています。

その為かネットの口コミでは、肌荒れしやすい敏感肌の方に高評価でした。

バルクオムには、化粧水でアルコールに分類されるエタノールという成分が配合されていますが、配合量が少ないのでよほど過敏な方でなければ大丈夫だと思います。

しかし、アルコール消毒などに異常に反応してしまう方は、使用を控えましょう。

【化粧水編】ホロベルVSバルクオム|5つの項目で徹底比較!

商品名 【ホロベル】トータルスキンケア保湿ジェル 【バルクオム】THE TONER
使用感 4.5 3
保水力 3.5 4.5
保湿力 4.5 4
肌ケア 5 4
定期購入 4 5
内容量 100g 200ml
単品価格(税込) 3,850円 3,300円

※バルクオムは化粧水のみ使用

化粧水の比較項目

①:使用感
②:保水力
③:保湿力
④:肌ケア

比較①:使用感|さっぱり系のバルクオム&しっとり系のホロベル

商品名 【ホロベル】トータルスキンケア保湿ジェル 【バルクオム】THE TONER
使用感 4.5 3

水っぽいバルクオムに対し、ホロベルはとろみがあります。

ホロベルはオールインワンなのでべとつくかなと思いきや、そうでもなかったです。テクスチャーはどちらもべたつくことなく、サラッと仕上がります!

バルクオムのパウチ型の容器が正直使いずらい…。専用ボトルに移し替えて使用中です。

香りはホロベルは無香料、バルクオムはフローラル系のいい香りがします。

比較②:保水力

商品名 【ホロベル】トータルスキンケア保湿ジェル 【バルクオム】THE TONER
保水力 3.5 4.5

肌にうるおいを与える力はバルクオムがある様に感じました。

水っぽさがあるバルクオムですが、肌に浸透するスピードが早く、すぐにしっとりします。

比較③:保湿力|オールインワンのホロベルの勝利

商品名 【ホロベル】トータルスキンケア保湿ジェル 【バルクオム】THE TONER
保湿力 4.5 4

肌に水分を与えるだけではあっという間に蒸発してしまうので、閉じ込めなければなりません。

どちらも保湿成分の「グリセリン」「BG」が含まれているので保湿面には優れています。

どちらが保湿力があるのかと言えば、乳液やクリームなどの成分が配合されている、オールインワンのホロベルに軍配。

比較④:肌ケア|7つの添加物を使用していないホロベル

商品名 【ホロベル】トータルスキンケア保湿ジェル 【バルクオム】THE TONER
肌ケア 5 4

「石油系界面活性剤、アルコール、パラベン、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、香料」の7つを一切していないホロベル。

ホロベルは、肌に対して優しさを追求した化粧水なので、敏感肌向きと言えます。

バルクオムはホロベルが使用していない香料とアルコールを使用していますが、肌のベースを整える成分を複数配合されているので美肌効果に期待できます!

※アルコール成分に過敏に反応する敏感肌の方もいると思いますが、「肌をひきしめる効果」や「防腐効果」があるので一概に悪い成分と言えません。

使用していない添加物
【ホロベル】 【バルクオム】
  1. 石油系界面活性剤
  2. アルコール
  3. パラベン
  4. 着色料
  5. 鉱物油
  6. 紫外線吸収剤
  7. 香料
  1. 石油系界面活性剤
  2. ノンパラベン
  3. シリコン
  4. 着色料
  5. 鉱物油
  6. 紫外線吸収剤

水、BG、トリエチルヘキサノイン、メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁、アセチルヒアルロン酸Na、セラミドNG 、セラミドNP、セラミドAP、リンゴ果実培養細胞エキス、サガラメエキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ザクロ果実エキス、プラセンタエキス、アルギニン、パルミチン酸レチノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、温泉水、ペンチレングリコール、グリセリン、カルボマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、ベヘニルアルコール、コーン油、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、イソステアリン酸フィトステリル、キサンタンガム、トコフェロール、レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

比較⑤:ホロベルとバルクオムの定期購入を徹底調査!

ホロベル バルクオム
洗顔の内容量 120g 100g
公式価格(税込) 2,200円 2,200円

※2021/2月時点の価格で調査

内容量は20gほどホロベルが多いですが、単品価格は同じ2,200円(税込)。

使用目安はどちらも朝晩2回の使用で約1ヵ月となっているので、同等としました。

ホロベルの定期購入の価格

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 12回目
割引率 10% 15% 20%
洗顔 1,980円 1,870円 1,760円
化粧水 3,465円 3,273円 3,080円
合計(税込) 5,445円 5,143円 4,840円
1~3回目までの合計は16,335円 1~6回目までの合計は31,764円 1~12回目までの合計は60,804円

ホロベルの定期購入は送料無料キャンペーン中。

  • 1回目から3回目が各10%OFF
  • 4回目から6回目までが各15%OFF
  • 7回目以降は20%OFF
ヨシマ
キャンセル料なしでいつでも解約できるよ!

バルクオムの定期購入の価格

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 12回目
割引率 83% 10%
洗顔&化粧水 990円 4,950円
送料 550円 550円
合計(税込) 1,540円 5,500円
1~3回目までの合計は11,550円 1~6回目までの合計は28,050円 1~12回目までの合計は61,050円

バルクオムの定期購入は送料あり。

  • 初回の割引率は83%
  • 2回目以降10%OFF

1回目の割引率83%以降は、10%OFFが続きます。

送料はかかりますが、単品で揃えるよりかなりお得です。

ヨシマ
3回目以降の解約はキャンセル料なし。
2回目を受け取らずに解約したらキャンセル料3,000円かかるよ

ホロベルとバルクオム|定期購入の価格差は?

1回目 3回目 6回目 12回目
ホロベル 5,445円 16,335円 31,764円 60,804円
バルクオム 1,540円 12,540円 29,040円 62,040円
価格差(税込、送料込み) ホロベルが3,905円高い ホロベルが3,795円高い ホロベルが2,724円高い バルクオムが1,236円高い

バルクオムの91%OFFがかなり効いてますね。12回目でようやくバルクオムが上回りました。

1日2回使用で、約1ヶ月持つとすると1年。

しかしこの価格はバルクオムの乳液は含まれていません。個人的にはバルクオムは化粧水のみで、充分保湿できるレベルだと感じています。

ちなみにバルクオムの乳液を含めた定期購入だと、3回目でホロベルを445円上回ります。

ヨシマ
長期間で見るとホロベル、短期間で見るとバルクオムでが、実際に使用した感じではバルクオムの方が使用感や香りが好きです。見た目もカッコいいので迷ったらバルクオムでいいかも。

メンズコスメ BULK HOMME|ONLINE STORE>>

メンズコスメ業界初の成分配合!【HOLO BELL】>>

極度の敏感肌の方はホロベル。脂性肌・混合肌・乾燥肌の方はバルクオム。

極度の敏感肌の方はホロベル。脂性肌・混合肌・乾燥肌の方はバルクオム。

ホロベルのポイント

  • 洗顔には肌をケアする成分が配合されている
  • 洗顔、化粧水の両方ともしっとり感がある
  • オールインワン化粧品なのでコスパに優れている

バルクオムのポイント

  • 洗顔は皮脂をしっかり落としてくれる
  • 洗顔、化粧水の両方ともサッパリ感がある
  • 化粧水のみでも充分保湿できる

お風呂場に両方置いてあるのですが、自然と手に取るのはバルクオム。今ではバルクオムしか使っていません。

化粧水の香水のようないい香りにハマったようです…。

もっと詳しく知りたい方は、それぞれ個別記事があるので、気になった方を読んでみて下さい!

関連記事HOLOBELL(ホロベル)敏感肌の為に生まれた洗顔|実際に使用した私の口コミ!

関連記事バルクオムのメンズ洗顔料を使用した私の口コミ!ネットでの評判もあわせて紹介

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる